2006年04月08日

「ナイトウォッチ」を鑑賞

「ナイトウォッチ」

ロシア製SFアクション映画で3部作の第1弾。
人間とは違う種族(異種)が、光の勢力と闇の勢力に分かれて
常に争ってきたが、力が互角であったためキリの無い戦いだった。
そこで協定を結び、お互いを監視することにした。
光の側をナイトウォッチ、闇の側をデイウォッチと呼び
長年均衡を保ってきたが、強大な力を持つ異種が目覚めた時
均衡が破れ、どちらの側に付くかで勢力図が変わると言う…

やはりハリウッドよりはVFXがまだまだのようだが、
なかなか凄い映像で日本のことを考えれば十分すごい。
シーンによっては、けっこうグロテスクな映像が多々あり
ホラー映画みたいな感じだった。
ストーリは単純そうなのにかなり分かりづらい。
とくに異界の説明が少なすぎる。
まだ第1弾なので、わざとなのかもしれないが…

相当暗い映画なので一般受けはしないと思うが
マトリックスみたいなのが好きな人には良いかも。
posted by GEO at 23:57| Comment(42) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

「ブロークバック・マウンテン」を観賞

「ブロークバック・マウンテン」

ヴェネチアで金獅子賞やゴールデングローブ賞などに輝いた作品。
60年代のアメリカで、二人のカウボーイが恋に落ちる同性愛の物語。

エニースとジャックはブロークバック・マウンテンで羊を追う仕事をしていた。
夏の間中は二人きりで生活をしなければならない。
そんななか二人は、惹かれあっていった。
しかし、夏が終わるとそれぞれの生活へ戻らなければならない現実があった…

同性愛を描いていることで、かなり抵抗を感じる人もいると思う。
私はマイ・プライベート・アイダホなど見たことがあったので、抵抗はなかった。
しかし、実際見てみると結構直接的な表現が多くて、少々たじろいだ。
話は一夏を一緒に暮らし、愛し合った二人が離れ離れになっても、
思いつづけるストーリーだが、この時代は同性愛は世間ではまったく認知されておらず、
秘められた恋物語となっている。
同性愛は別にして、叶わない恋としてみると感情移入しやすいかもしれない。
映像は雄大な山岳のシーンが多いのだが、それが実に美しくゆったりと進んでいく感じだ。

ゲイではない二人が恋に落ちた理由がイマイチ分からなかったが
美しくて切ないラブストーリーだ。
本気と本気がぶつかり合う映画を見たい人におすすめです。
posted by GEO at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

「クラッシュ」を観賞

「クラッシュ」

今年のアカデミー賞の作品賞に輝いた作品。
複数の物語が絡み合い、一つの出来事が憎しみを呼び
負の連鎖へとつながっていく…

さすがにアカデミー賞を取っただけはある。
おもしろい。
しかし、ただおもしろいだけではなく考えさせられる内容だ。
複数のストーリーが繋がって、怒りや憎しみや悲しみが広がっていく。
普段から誠実に生きている人は、他人を不幸にする事がない訳ではないだろう。
逆に普段から素行の悪い人が、他人を幸せにすることは出来ないのだろうか?
そんなことはない。
誰もが生きている以上、人とぶつかる事がある。
みんな現実に生き、感情を持つ同じ人間なんだと再認識させてくれる、そんな映画だった。

前半の不幸話が続くが、後半は少しホッとさせてくれる。
あまり話を書くとつまらなくなる部類の映画なので、
実際に見てもらったほうが早いと思う。
かなりおすすめです。
posted by GEO at 18:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」を鑑賞

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」

アカデミー賞を受賞した長編クレイアニメーション作品。
人間のウォレスと犬のグルミットが野菜を食べ荒らすウサギを
退治する物語だ。

粘土で出来た人形をスットプモーションで撮影した映画なのだが、
ティムバートン監督のコープスブライドを思い出す。
コープスブライドは普通の人形を使っていたが、CGともセルとも
実写とも違う存在感と美しさがすばらしかったが、
ウォレスとグルミットも粘土の持つやわらかさが、
また違った感じですばらしかった。
ストーリーもドタバタした展開が面白い。
今回初めて見たのだが、こんなに面白いとは知らなかった。
特にグルミットの活躍が良い!
天才なんだか馬鹿なんだかわからないウォレスをいつも助けている。

また見たいと思うのだが、長編は作るの厳しいかな?
でも是非頑張って頂きたい。

だてにアカデミー賞取ってません。おすすめです。
posted by GEO at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

「南極物語」を鑑賞

「南極物語」

もののけ姫に抜かれるまで、邦画の興行収入一位であった作品
「南極物語」のハリウッドリメイク版である。

アメリカの科学財団南極基地で働く主人公が、嵐のせいで
避難しなくてはならなくなり8頭の犬を南極に置き去りにしてしまう。
残された犬たちはサバイバルをして生き抜いていくのだった。

基本的な話は同じなのだが、深刻さはあまり感じられなかった。
終始、主人公のみが犬たちを本気で心配をしている感じで
いたたまれない…
犬たちのサバイバルも過酷さが伝わらなかった。
しかし、犬の演技力はすばらしい。
CGなのか?と思わせるぐらい、よく調教されていた。

悲壮感や深刻さを感じないのはディズニーだからだろう。
なので、まったく違うものとして見に行けば楽しめたかもしれない。
しかし、日本人だと無理な話だと思う。誰もが知っているから…
posted by GEO at 23:02| Comment(3) | TrackBack(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

「シリアナ」を鑑賞

「シリアナ」

ジョージ・クルーニーやマット・デイモン出演の中東とアメリカの
石油の採油権をめぐってCIAやテロを描いた社会派映画だ。

予備知識無しで行ったのだが、話の内容が難しいうえに濃いため、
ストーリーを追うのが大変だった。
まず、ジョージ・クルーニー演じるCIAエージェントの話と
マット・デイモン演じるエネルギー商社マンの話、中東の王子の話、
アメリカの弁護士の話、パレスチナの青年の話…
というようにバラバラの話でストーリーが展開するのだが、
とにかく前半は話を把握するのに精一杯なるかもしれない。
だからと言って物語りがごちゃごちゃで分かり難い訳ではない。
ひとつひとつの話のテンポも良く、しっかりと最後で見れる。

中東情勢にはあまり詳しくなかったため、この石油をめぐる話は、
とてもタメになった。
久々に頭をフル回転して見た映画になった。
それにしてもジョージ・クルーニーとマット・デイモンを見ると
オーシャンズを思い出してしまう。

集中して見てないと取り残されること請け合いな映画だが、
社会派なネタが好きな人にはおすすめです。
posted by GEO at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

「SPIRIT」を鑑賞

「SPIRIT」

ジェット・リー主演の格闘映画。
フォ・ファンジアなる史上初の異種格闘技戦を行った人物
を描いた作品で、初っ端から格闘シーンで始まる。
めちゃくちゃ強いその人物は、昔病弱で格闘技も全然弱かった。
しかし修行を積み、やがて頂点を極めるようになる…

とにかく格闘シーンが凄い!
ストーリーなんかどうでもいいかのような格闘シーンの数々…
特に傘持って戦うところなんか、強さを見せ付ける感じで良い。
あと中村獅童も出ているがチョイ役だ。
しかし脇役の中では一番かっこいい役ではないだろうか。

格闘シーンがみたい人におすすめです。

posted by GEO at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)

これ見てたんですが、福留って凄い!
あのホームランはシビレました。
その後の怒涛の攻撃もよかったですけど。

でも準決勝なのに、予選同じ組の一位二位が
対戦するんですね。
変な感じです。
posted by GEO at 23:54| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

「天空の城ラピュタ」を鑑賞

「天空の城ラピュタ」

いまさら語らずとも有名な宮崎駿監督の長編アニメ映画である。
宮崎作品の中で一番好きな作品で、
おもに鑑賞媒体は地上波テレビ放送だ。
それぐらいヘビーローテーションされている作品だと思う。
1986年公開で20年も前のことである。
しかし、今見ても古さを感じない。

昔は単純に少年が冒険して、空飛んだり、悪いヤツと戦ったり
ロボットが出てきたり、そんなところが好きだった。
でも今は人の暖かさを描いているところが好きだったりする。

宮崎作品のほとんど全てが見終わった後、人にやさしくなれそうな気がする。
最近の作品では、メッセージ性が強いものや残虐なシーンもあったりするが
最後には暖かい気持ちにしてくれる。
だから、人気があり全ての人に受け入れられているのかもしれない。
posted by GEO at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

うわっ!

皆勤賞終了でございます…

posted by GEO at 00:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。