2006年02月14日

「スタンドアップ」を鑑賞

「スタンドアップ」

この映画、最初は全然期待せずに見たのだが、
結構面白かった…いや勉強になったというほうが正解か。

アメリカの鉱山で起きたセクハラ問題の実話を元にした社会派ドラマで、
主人公が男女平等を訴え立ち上がる物語だ。
実際に起きたこの鉱山での出来事で、セクハラ問題の重要性、認知度が
世界中で広まったのである。
これを知ったとき、私の中でこの作品の価値が上がった。
映画の中では、鉱山で働く女性がいじめやセクハラにあっている所が
描かれている。
こんなことが本当にあったのか?と思うぐらいの内容でビックリするだろう。
ひとつ最後だけ腑に落ちない点があるが、
いろいろ考えさせてくれる映画だった。


たまには社会派映画もいいのでは?
posted by GEO at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。