2006年03月16日

「天空の城ラピュタ」を鑑賞

「天空の城ラピュタ」

いまさら語らずとも有名な宮崎駿監督の長編アニメ映画である。
宮崎作品の中で一番好きな作品で、
おもに鑑賞媒体は地上波テレビ放送だ。
それぐらいヘビーローテーションされている作品だと思う。
1986年公開で20年も前のことである。
しかし、今見ても古さを感じない。

昔は単純に少年が冒険して、空飛んだり、悪いヤツと戦ったり
ロボットが出てきたり、そんなところが好きだった。
でも今は人の暖かさを描いているところが好きだったりする。

宮崎作品のほとんど全てが見終わった後、人にやさしくなれそうな気がする。
最近の作品では、メッセージ性が強いものや残虐なシーンもあったりするが
最後には暖かい気持ちにしてくれる。
だから、人気があり全ての人に受け入れられているのかもしれない。
posted by GEO at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラピュタほんといいですよね〜
わたしも宮崎さんの中でこの作品が一番好きです。

ナウシカ、ラピュタ、火垂の墓、トトロ、魔女の宅急便、紅の豚ぐらいまではほんといいな〜って思ってます。

最近のジブリ作品はどうもなにかがわたしとあわなくなってしまったのか、感動が起こらなくなってしまったんですね〜これはわたしの心がしおれてきちゃったからでしょうかね〜(^^;

また感動を呼び起こしてくれる映画を見せてくれることをジブリに期待しています(^^)
Posted by kanpokkuri at 2006年03月18日 23:15
ラピュタの次に好きなのは紅の豚ですね。
あとカリオストロの城とかも好きです。

最近はメッセージ性が強くて重いからですかね?
私は声優が芸能人ばかりなのが気になりますが…
それでもジブリ作品は他の作品より、まだまだ数段上に感じます。
でもこれからのジブリは自らの作品を超えていかなければ、
いけないの辛いですよね。

この前映画館で「ゲド戦記」の予告見ましたけど、
ナウシカの雰囲気に近くて監督は違いますが
原点回帰って感じでしたよ。
楽しみです。
Posted by GEO at 2006年03月19日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。